読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恐妻家 陸マイラーの週末放浪記

2016年嫁には内緒でSFC修行を強行、嫁にバレて離婚寸前・・・その後は特典航空券で週末弾丸海外&国内旅行を楽しんでます。

ANA SFC(スーパーフライヤーズカード)とは


昔、私が海外出張が年に数回あった部署に居たころの話。

出張の際、成田空港でチェックインすると、

運が良ければ「ラウンジ券」が発行されることがありました。

よくクレジットカードのゴールド会員の特典に「空港ラウンジ利用」とありますが、

航空会社さんのラウンジは、そのようなカードラウンジとは違うのです。

 

アルコール(ビール・ワイン等)、料理(寿司、オードブル)が飲み放題・食べ放題でした。

出張だというのに、上司も同行しているのに、既に飛行機に乗る前にはほろ酔いです。

 

まぁ、とにかく、各航空会社さんは、よく飛行機を使う人には待遇を良くしています。

飛行機に乗ったことがある人ならば、搭乗の際に「

スターアライアンスGOLDメンバーの方は~」と優先搭乗の呼出しを聞いたことが有るかと思います。 

 

例を挙げると、ANAさんは搭乗すると付与されるPP(プレミアムポイント)により

以下のようにお客さんをランク分けしています。

  ・100,000  プレミアムポイント以上  → ダイヤモンド会員

  ・50,000 プレミアムポイント以上  → プラチナ会員

  ・30,000 プレミアムポイント以上  → ブロンズ会員

    参照:プレミアムメンバーサービス│ANAマイレージクラブ

 

で、前置きが長くなりましたが、ここからが本題

ANA SFC(スーパーフライヤーズカード)とは、

「プラチナ」「ダイヤモンド」会員の人が会員期間中に申し込めるカードで、

年会費を払いさえすれば、「プラチナ」会員相当の待遇が

(制度改悪の無い限り)使えますよ。というカードです。

 

しかし、この「プラチナ」会員になるのが一苦労。

東京(羽田)~大阪(伊丹)間を片道運賃(960PP)だけで獲得しようとすると、

26往復半することが必要となってしまい

芸能人か野球選手でもなけりゃ、そんなに往復することねぇよ。と言いたくなります。

 

ただ、このSFC資格を得るためにPPを稼ぐ人達をその苦労から、

修行僧(女性の場合は修行尼)と呼んだりされるそうです。