読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恐妻家 陸マイラーの週末放浪記

2016年嫁には内緒でSFC修行を強行、嫁にバレて離婚寸前・・・その後は特典航空券で週末弾丸海外&国内旅行を楽しんでます。

燃油サーチャージ復活の流れ


今年4月から燃油サーチャージが無くなっていて、特典航空券の旨みが増していたのですが、次期大統領にトランプ氏が内定してからというもの、原油相場が上昇&円が安くなり続けているようで、ANAでも来年2月の発券分から燃油サーチャージが復活するようですね。

日本発の旅客を対象とした燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)が来年2月の発券分から10カ月ぶりに復活する見通しとなった。北米や欧州で片道3500円、ハワイなどで同2000円の上乗せになる。直近の円安基調で燃料価格が上乗せの基準値を上回った。

 全日本空輸日本航空が月内に発表する。石油輸出国機構(OPEC)の減産合意で、今後、原油価格が上昇すれば、さらに上乗せ額が増える可能性もある。

 (12月2日 日本経済新聞 記事より引用)

過去には特典航空券発券でサーチャージ+諸税で数万円プラスという時期もあったので、それと比べると、欧米路線 往復7,000円のプラスはまだマシな方ですが、やはり特典航空券 発券で燃油サーチャージはない方が旅行者には助かります。

保有マイルが有り、旅行日程が決まっている人は1月までに特典航空券を発券した方がお得かもしれないですね。

ただ、ANA現物株を持っている私としては、サーチャージ復活は会社収益の改善に繋がりますので、株価上昇要因となり、期待するところもあったりします・・・。当分売却は考えてませんが。